スタッフブログ

2018.05.17更新

今回は「ジャンパー膝」を紹介します。

ジャンパーズニー、膝蓋靱帯炎、膝蓋腱炎とも呼ばれる膝の痛みです。

この症状は

ジャンプ動作が多いバスケットボール、バレーボールの選手がなりやすく、他にもダッシュ動作が多いサッカーやテニスの選手にもよくみられます。

症状は分かりやすく言うと

「膝のお皿の下が痛みます。」

割合的には少ないですがお皿の上が痛むパターンもあります。


お皿の下には膝蓋靱帯(膝蓋腱)があり多くは、その部位に炎症を起こし痛みを発します。


【なぜ炎症を起こすのか?】

ジャンプ動作や膝の曲げ伸ばしにより膝蓋靱帯に繰り返しストレスが加わり損傷して炎症を起こします。

【10才〜20代前半の方に起きやすいです】

【原因は?】

骨の成長に筋肉、腱が追いつかない状態になると相対的に腱の柔軟性が低下しダメージを受けやすくなるからです。

他にも

膝蓋靱帯は太ももの筋肉(大腿四頭筋)とつながっているため太ももの筋肉が疲労で硬くなった状態で膝の曲げ伸ばしを繰り返すと引き起こしやすくなります。

なので

太ももの筋肉の柔軟性が大切になってくるので、太もものストレッチをすることが予防になります。


【傷めてしまったら】

当院の「微弱電流治療器」「O2ジェットウェーブ」がオススメです。

微弱電流治療器は損傷組織の回復を早めてくれます。

O2ジェットウェーブは筋肉に高濃度酸素を供給し筋肉が柔らかくなり、血流も良くなるので回復も早くなります。

ジャンパー膝は運動を制限したり症状の度合いによっては中止する必要もありますので、痛くなったら出来るだけ早く受診して下さいね!

当院では治療はもちろんですが、サポーターやテーピングも用意してますので膝の痛みでお悩みの方は一度ご相談ください!

投稿者: R.smile株式会社 接骨院スマイル

ご予約・ご相談はお気軽に

身体の不調でお悩みでしたら、西尾市にある接骨院スマイルまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_img01.png
  • 24時間受け付けております LINE予約はこちら