スタッフブログ

2018.01.25更新

今回、改めて当院の治療機器たちを紹介していこうと思います。

まず当院でケガの回復のために一番活躍してくれている微弱電流機器「ソーマダイン」からです。


微弱電流ということで体感的にピリピリとかチカチカするような刺激は感じません。

なのでお子様でも安心して受けていただけます。

どんな効果があるかというと


まず人はケガをした時、時間がたつとある程度自然に治っていきますよね?

なぜ回復していくかというと

ケガをして細胞が損傷すると人体の自然治癒力が働き「正常組織から微弱電流が流れ自己修復していく」のです!

人の体って凄いですよね。

ソーマダインは、その微弱電流を人工的に作りだす機械です。

微弱電流をさらに人体に流すことで回復をより早めてくれるというわけです。

さらに凄いのが

ソーマダインを全身に流すことで

身体の疲労も回復させたり

脳をストレスから解放させてくれます。

凄い機械なんです。


・ケガをした時
・身体が疲れやすくて困っている時
・ストレスに悩んでいる時
・自律神経症状に悩まされている時

このような時にオススメです!

(ケガもぎっくり腰や寝違え、むち打ちなど捻挫、打撲、腱鞘炎などの使い過ぎによる炎症などケガ全般に有効です。)

 

他にも血行が良くなり皮膚の回復にも効果的なので、当院併設の「ハートピース」ではソーマダインを使ったエステも提供させていただいてます。

是非体感してみて下さい(^^)

投稿者: R.smile株式会社 接骨院スマイル

2018.01.18更新

こんにちは!

木曜日の松井です(^^)

 

最近、野球をしている学生で肘の痛みでお困りの患者さまがみえました。

いわゆる「野球肘」という症状です。

今日はその「野球肘」についてお話しします。

野球肘は繰り返しの投球などによる肘の酷使が原因で引き起こされます。

肘の内側が痛む「内側型」

外側が痛む「外側型」

後方が痛む「後方型」に分けられます。

 

「内側型」

疾患名でいうと「上腕骨内側上顆炎」や「内側側副靭帯損傷」などが内側型に当てはまります。

一般的には、前腕にある屈筋(手首を掌側に曲げる筋肉)が引っ張る力、ボールを投げる際に肘にかかる外へのひねる力が、くり返しかかることで、肘が痛むと言われています。


「外側型」

疾患名でいうと「上腕骨小頭離断性骨軟骨炎」が中心になります。

上腕骨小頭断性骨軟骨炎は、投球時に起こる過度の外へのひねる力によって肘関節の骨同士がぶつかり合い、上腕骨の下の方にある軟骨部位が徐々に剥がれてきて起こるとされています。

 

「後方型」

これは、肘関節を伸ばした時に、肘関節を構成する骨同士が衝突し合いって痛む場合があるとされています。

上腕三頭筋が過剰に収縮することで痛みを起こすこともあると言われています。

「肘頭の疲労骨折」「後方インピンジメント」「骨端線離開」などに当てはまります。

 

【当院での治療】

まずは状態の見極めが大切です。

野球肘は投球を休止することが必要なものからやりながらでも良くなるものまで症状によって様々です。

まずはどのような状態なのかを判断させていただきます。

 

「微弱電流治療器」

損傷した組織の回復を促す機械です。

格段に回復が早まるので当院ではケガや痛みの症状には必ず治療に取り入れています。

「O2ジェットウェーブ」

この機械は酸素を体表から取り入れる機械です。

かたくなった筋肉は酸欠状態になり痛みを発し、さらに筋肉の緊張を生んでしまうため酸素を供給することで、それが解消されます。

 

あとは手技により筋肉の緊張を取り除き肘の負担を軽減させていきます。

「全身のバランス調整」も大切で肘以外の状態、例えば肩、肩甲骨の動きの悪さ股関節の柔軟性の悪さによって肘の負担になっている場合、そちらを調整するコースもあります。

 

痛みで思うようにスポーツが出来ない苦しみは本当に辛いです。

僕も学生時代、肘ではありませんが膝の痛みで陸上競技が出来なくなった経験があるので、よく分かります。

どうしても部活をやりたい、レギュラー争いに負けたくないなど、理由は色々あると思いますが、無理をするとその後の選手生命にかかわることもあるので、まずはしっかり状態を把握して適切な処置をすることが大切です。

肘の痛みでお困りの方は西尾市接骨院スマイルにご相談ください!

 

 

投稿者: R.smile株式会社 接骨院スマイル

ご予約・ご相談はお気軽に

身体の不調でお悩みでしたら、西尾市にある接骨院スマイルまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_img01.png
  • 24時間受け付けております LINE予約はこちら