スタッフブログ

2019.09.16更新


9月になりましたがまだまだ暑い日が続きますね!

体調管理に気をつけて過ごしていきましょう。

今日は日常生活やお仕事などで使い過ぎることにより起こる症状を紹介したいと思います。

1.ばね指

指は腱によって曲げ伸ばしをすることができます。

手を握ったりする強い力を発揮する筋肉は前腕にあり、その力を腱が伝えます。

その通り道で指を曲げる屈筋腱が
浮き上がらないように押さえているのが
靱帯性腱鞘と呼ばれるものです。

丁度、その構造はベルトとベルト通しの
関係に似ています。

この靱帯性腱鞘は指の部分にありますが、それが終わる指の付け根付近に力がかかり炎症を生じやすいところがあります。

その部分の腱や腱鞘が炎症を起こし“腱鞘炎”になり、さらに進行すると引っ掛かりが生じばね現象が起こります。

これを“ばね指”と呼んでいます。

症状

指の付け根で屈筋腱と靱帯性腱鞘の間で炎症が起こると、“腱鞘炎”になり腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、指の付け根に痛み、腫れ、熱感が生じます。

朝方に症状が強く、日中は使っていると症状が軽減することも少なくありません。

進行するとばね現象が生じて“ばね指”となり、
さらに悪化すると指が動かない状態になります。

原因

更年期の女性に多く、妊娠出産期の女性にも多く生じます。
手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのも特徴です。

糖尿病、リウマチ、透析患者にもよく発生します。

母指(親指)、中指に多く、その他の指にもよくみられます。

病態

指の使いすぎによる負荷のため、
動かすたびに摩擦のために炎症が進み、
腱鞘が肥厚したり、腱が肥大し、通過障害を起こすために一層症状が悪化します。

2.腱鞘炎
手首の母子側にある腱鞘とそこを通過する腱に炎症が起こった状態で、腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、手首の母子側に痛み、腫れます。母指を広げたり、動かしたりするとこの場所に強い疼痛が走ります。

原因
妊娠出産期の女性や更年期の女性に多く生じます。手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのが特徴です。

病態
母指の使いすぎによる負荷のため、腱鞘が肥厚したり、腱の表面が傷んだりして、さらにそれが刺激し、悪循環が生じると考えられています。

3.肘の外側上顆炎
テニス肘ともいわれます。

症状
ものをつかんで持ち上げる動作やタオルをしぼる動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが出現します。多くの場合、安静時の痛みはありません。

原因と病態

中年以降のテニス愛好家に生じやすいのでテニス肘と呼ばれています。
一般的には、年齢とともに肘の腱がいたんで起こります。
病態や原因については十分にはわかっていませんが、主に短橈側手根伸筋の起始部が肘外側で障害されて生じると考えられています。
この短橈側手根伸筋は手首(手関節)を伸ばす働きをしています。


その他にもパソコン作業も原因と言われています。

 

当院での治療

これら3つの症状はそれぞれ患部の筋、筋膜の調整やストレッチングなどで患部の負担を取り除き微弱電流(ソーマダイン)を流して炎症を鎮め、回復をはやめていきます。

微弱電流(ソーマダイン)とは?
こちらをご覧下さい
http://www.revo-smile.com/blog/2018/01/post-1561-565481.html


日常の中で違和感を感じたらひどくなる前に当院へお越しくださいね!

投稿者: R.smile株式会社 接骨院スマイル

2019.09.05更新

皆さん「椎間板ヘルニア」とは何か知っていますか?
聞いたことある方も多いと思いますが、一体どういうものなのか、今回は詳しく説明していきたいと思います!

椎間ヘルニアとは

背骨を作っている椎骨と呼ばれる骨があります。
その間で間でクッションのような役割をする椎間板が変性し、とびでてくる事により、近くにある神経を圧迫することで痺れなどのさまざまな症状を引き起こす病気です。

首の椎骨は頸椎(C)といい、7個
胸部の椎骨を胸椎(T)といい、12個
腰部の椎骨を腰椎(L)といい5個

存在します。

多くは頸椎、腰椎に発生します。
とくに下位頚椎、下位腰椎に多いです。

頸椎、腰椎の、何番目と何番目の間の椎間板がヘルニアを発症するかによって、痺れが出てくるところも違ってきます。


第4、5頸椎間(第5頸椎神経根に障害)
肩から腕にかけての痺れ
第5、6頸椎間(第6頸椎神経根に障害)
母指から親指かけ痺れ
第6、7頸椎間(第7頸椎神経根に障害)
手のひらから中指かけ痺れ

第3、4腰椎間(第4腰椎神経根に障害)
膝上から膝下かけ痺れ
第4、5腰椎間(第5腰椎神経根に障害)
スネ外側から母趾かけ痺れ
第5腰椎、第1仙椎間(第1仙椎神経根に障害)
小指から3から足裏かけ痺れ

 http://www.revo-smile.com/asset/F92C7D6F-3427-430C-9CCF-EBD723D4AA8B.jpeg

ヘルニアの痺れなどの症状は、骨盤や背骨など、体の歪みがあると出やすくなってしまいます。

当院ではBMK美健整体という、骨盤の歪みから全身の体の歪みを整えることができる整体があります。


BMK美健整体
→6,000円+税 (お得な回数券もあります。)

腰のヘルニア、腰痛でお悩みの方は腰痛整体もあります!
整体
→4,000円+税 (お得な回数券もあります。)

無痛の微弱電流治療
→特殊な電気刺激により回復を早めます。


ヘルニアの痛みでお悩みの方も、接骨院スマイルへお越しください!
お待ちしております。

投稿者: R.smile株式会社 接骨院スマイル

2019.08.01更新

EMSトレーニング」とは、電気刺激を与える事によって筋肉を動かし鍛える機械です。

 

筋トレでは、疲れを感じると脳が「動け」という指令を送るのをやめてしまいます。
それを何日も続けないと効果が出ないため、なかなか筋トレをやろうと思っても、体力や気持ちが薄れていってしまいます。

 

一方、EMSは脳の指令とは関係なく筋肉を動かし続ける事が可能なため、気軽にでき、器具を装着するだけで、筋肉だけを効率よく動かすので関節に負担がかからず、動かずに辛い運動をしたのと同様の効果を得られます。

 

特に、EMSトレーニングではインナーマッスルを鍛えることができます。

 

インナーマッスルは、体を維持する役割として、骨格や関節をしっかりと支える重要な役割をもっていますが、鍛えるには、筋力への負荷を掛ける筋力トレーニングと違い、長時間の運動を必要とします。

 

その、通常なら何時間も運動トレーニングをしながら徐々に鍛えていくインナーマッスルを、動くことなく、効率的に、短時間で鍛えることができるのが、EMSトレーニングです。

 

その為、EMSは、
・筋トレでは鍛えにくい筋肉(インナーマッスル)を鍛えたい
・忙しくて筋トレをする時間が取れない
・産後のダイエットに
・夏に向けてのダイエットに
・ぽっこりお腹の解消
・ウエスト引き締め
・足の引き締め
・効率よく体幹を鍛えたい

など、幅広いニーズに応えられる機械です。

 

〈料金〉
お試し 1,080円
1回 3,240円
回数券 6回 16,200円
12回 29,800円

EMSトレーニング


また、
MCC(マルチカフケア)も一緒に行うとより効果がでます。

MCCとは、腕や足の筋肉を直接圧迫し、筋肉内の血流を低酸素(無酸素)状態にすることのできる機械です。

当院ではこちらを組み合わせるやり方なので、より効率よく筋肉がつき、綺麗な体のラインが出来てきますよ!

MCCとEMSトレーニング


西尾市接骨院スマイル
HP http://www.revo-smile.com/
TEL 0563-56-5656

 

投稿者: R.smile株式会社 接骨院スマイル

2019.07.21更新

鍼灸治療の効果がある病気には、運動系、神経系、呼吸系などの疾患が多く、老人性疾患や難病も含まれます。

WHO(世界保健機関)やNIH(米国立衛生研究所)も鍼灸に着目していて、吐き気、嘔吐、頭痛、腰痛、変形性関節症などにも効果的という研究も多く見られます。

当院では鍼灸治療も含め、その方に合った治療を提案し、回復に努めています。
少しでも辛いようでしたら、是非ご相談してください。

今回はいざというとき!自分で押せる、肩こり、ギックリ腰に効く手のツボをご紹介します。
つらいな!とか、やってしまった!という時に活用してみてください。


肩こりに効く手のツボ

合谷(ごうこく)
胸から上の不調を治すツボ。頭痛、目の疲れ、首こり、肩こり、鼻炎、歯痛などに幅広く応用されます。ニキビや吹き出物も改善します。

場所
手の甲の人差し指と親指の間のつけ根の骨が交わるところの手前。押すと痛みを感じます。

押し方
気持ちよく感じる強さで3ー5秒押して離す(3~5分間)


ギックリ腰に効く手のツボ

ようたいてん
急性的な腰痛が起こったときに役に立ちます。痛みが軽くなります。

場所
人差し指と中指の間、薬指と小指の間のそれぞれつけ根の骨がつながるところ。

押し方
少し痛みを感じる強さで3~5秒押して離す(3~5分間)


忙しさでつい無理をして、痛めてしまうこともあります。このツボ押しは即席の対応策です。
効果的ですが、やはり一時的な処置なので、しっかり治療しておくことが大事です。


接骨院スマイルHP
http://www.revo-smile.com/

投稿者: R.smile株式会社 接骨院スマイル

2019.06.02更新

最近は肩を傷めて来院される患者さんが多く五十肩のように特に何かしたわけではないのに痛い!という方から転倒して肩をぶつけてしまった、野球をしていて痛くなった、などの外傷による痛みで来院される方など症状も様々です。

今回は肩の痛みに多い腱板損傷を五十肩と比べつつ紹介していきます。

まず五十肩とは?

http://www.revo-smile.com/blog/2016/02/post-883-539792.html

分かりやすく言うと

五十肩は関節包という関節を包む袋のようなものの中で炎症や組織の拘縮が起こります。

今回紹介する腱板の損傷は
関節包の外にあり肩を動かすために働く腱の損傷です。

【腱板とは】

腕を上げる動作や腕を内外に回す動きをする時に働く筋肉で棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょっかきん)、小円筋(しょうえんきん)肩甲下筋(けんこうかきん)という4つの筋肉をまとめて腱板といいます。

 

http://www.revo-smile.com/asset/8C342CD6-3B9B-40E8-BC43-333A74673E1A.jpeg
(スポーツ外傷・障害の理学診断、理学療法ガイド引用)
上が肩甲骨を前面から見た図で下は後面から見た図です。

この
腱板を損傷、断裂したものを「腱板損傷、腱板断裂」と呼びます。

【原因は?】

加齢・・・加齢に伴い腱が変性し引き起こされます。

外傷・・・転倒や衝突により肩を強く捻ったり、打撲したりすることで生じます。

スポーツ障害・・・テニスや野球、バレーボールなどで肩を酷使することで生じます。


損傷の度合いにより部分的な小さな断裂から完全な断裂まであり症状も様々です。

http://www.revo-smile.com/asset/2BE90607-3B5C-4B47-AEBF-1A13550352BA.jpeg
(標準整形外科学引用)

【症状】
肩を上げると痛い
安静時痛
夜間痛
筋力の低下
有痛弧徴候(動作時痛で肩関節外転60°〜120°の間で痛みを生じる)

 

西尾市接骨院スマイルでは肩の痛みの治療ももちろん受けられます。

【当院の治療】
・腱の回復を早める「微弱電流治療器」
・肩の負担を減らすテーピング、サポーター
・肩周辺の組織の拘縮や筋力低下を抑えるための施術、トレーニング

完全断裂や骨折などの疑いがある時は整形外科さんへの受診を勧める場合もあります。

肩の痛みがあると日常生活にかなり支障をきたすので、早めに専門医に受診して下さいね!

 

西尾市接骨院スマイル

HP  http://www.revo-smile.com/

TEL  0563-56-5656

投稿者: R.smile株式会社 接骨院スマイル

2019.05.15更新


5月も半ばになり、日々暑くなってきましたね。

 

皆さんはこんなお悩みはありませんか?


☑️スキニーパンツが似合わない(脚のラインを出したくない)
☑️ミニスカートを履きたくない
☑️歩く時フラつく、つまずきやすい
☑️下半身太りが気になる
☑️冷え症
☑️むくみやすい

 

これらの悩みの原因としてO脚やX脚が関係しています。

今回はO脚とX脚について紹介します。

 

 〈O脚X脚の特徴と原因〉

 

O脚
かかとをつけて直立の姿勢で立ったときに、
太もも・ひざ・ふくらはぎ・内くるぶし
の4つのポイントのうち、1つでも密着せず離れている状態をO脚と言います。

O脚の場合、下半身に脂肪がつきやすい状態になり、

「下半身太り」になりやすい状況にあります。

O脚の原因として考えられるのは、「姿勢の悪さによる骨格の歪み」「猫背」や「脚を組んで座る」などの悪い生活習慣や筋力と柔軟性のアンバランス、ケガなどによる靭帯の緩みなどが原因になります。

 

X脚
X脚は、かかとをつけて直立の姿勢で立ったときにひざ頭が密着し、左右の内くるぶしを合わせることができない状態を指します。

X脚は体重が両脚に均一にかからないことが指摘されています。
その結果、「けがをしやすい」「腰や膝を痛めやすい」というようなデメリットがあります。

X脚の原因として、O脚同様に私生活の姿勢の悪さが挙げられます。
他には、ハイヒールを履き続けたことによる脚への負担なども原因と考えられています。

 

本来脚の正しいポジションは下肢軸のアライメントが正常なら股関節、膝関節、足関節が一直線上にあり安定した状態になります。
理想とされるのは、直立したときに脚はまっすぐ(180度)よりやや膝が内側に入った角度(174度)になります。

 


また上記に書いた骨格の歪みについてですが、
足の「距骨」という骨がズレることも原因の1つとされています。

 

距骨とは?


距骨は脚と足をつなぐ位置にある骨で、健康や美容に関係の深い重要な骨です。
しかし、ズレやすいので調整をすることが重要です。

距骨は足の骨の中で唯一筋肉が付いていない骨になります。筋肉に支えられていないので少し動いただけで前後左右にズレてしまいます。


距骨が内側に傾くとバランスを保つためにスネの骨は外側に傾き(膝が外に開き)O脚になります。
距骨が外側に傾くとスネの骨は内側に傾きX脚になります。

O脚.X脚は見た目以外にも膝や腰の痛みなどの辛い症状や変形性膝関節症につながることもあるので注意しましょう!

 

当院での治療


当院ではO脚やX脚、下半身のむくみ、骨盤の歪みなどに対する「美脚骨盤矯正」
距骨のズレを整える「距骨調整」をしていくことでO脚やX脚などの下半身の悩みに根本から
アプローチしていきます。

気になる方は是非一度ご相談ください!

 

投稿者: R.smile株式会社 接骨院スマイル

2019.05.01更新

当院には、部活動で怪我をされた学生さんも多く来院されます。今回は、そんなスポーツをする方に多い、スネやかかと足首に痛みの出る怪我を紹介します。

◯シスプリント
走る事が多いスポーツをしている方に多く、部活動に励む学生さんにも多い怪我です運動時、運動後に膝から下の足脚内側に痛みが生じるものを言います。
そのまま痛みを我慢して走っていると悪化してしまい、長期の運動中止せざるおえなくなってしまう事もあるので、早めに来院しましょう。

【シンスプリントの原因】
練習のやりすぎ、疲労が原因にもなるので、練習量、練習方法を見直してみましょう。

扁平足の人は、シンスプリントになりやすいです。
→扁平足とは足のアーチ(土踏まず)がなく なってしまっている状態を言います。

アーチが下がってしまうと、アーチを支えている後脛骨筋と言われる筋肉に負担がかかり、シンスプリントとなってしまいます。

など

◯アキレス腱炎
剣道や、陸上、ジャンプスポーツ(バスケやバレーなど)の選手に多い怪我で、ふくらはぎとかかとの骨をつなぐ太くて丈夫な腱に炎症が起きた状態です。


【アキレス腱炎の原因】
練習する場所
長時間のランニング
走る時のフォーム
→着地するときに、かかとが内側又は外側に傾くことにより、アキレス腱に負担がかかります。


など

◯セーバー病(踵骨骨端症)
10歳前後の男児に多く見られ、特にスポーツ活動の多いお子さんに多いです。
成長期のお子さんの踵の骨の端っこで、アキレス腱が付着している部分は弱く、
激しい運動によりそこに負担がかると、痛みを生じてしまいます。


☆キッズサポート
1ヶ月会費5400円で
全身調整(通常1回3240円)を1080円で受けて頂けます!
微弱電流治療器も、一緒にやっていくことができます!

※微弱電流治療器とは
怪我の回復早める電気治療器で、ピリピリチカチカ何も感じない電気なので、安心して受けて頂けます。

成長期のお子さんは特に身長一気に伸びたりと、筋肉や骨の負担も大きいです。
部活動を頑張る学生さんは、疲労も溜まりやすいので、キッズサポートでメンテナンスをして、怪我を予防しましょう!!


体が硬いのも、怪我の原因になります。特にスポーツ活動をしているお子さんは、日々の柔軟、ストレッチを心がけましょう!

接骨院スマイルHP
http://www.revo-smile.com/

 

投稿者: R.smile株式会社 接骨院スマイル

2019.04.01更新

立ち上がる時に膝が痛い!という症状の原因も色々ありますが、その中でも多くみられるのが変形性膝関節症です。

 

変形性膝関節症は


発病率は高齢になるほど上がり、
女性のほうが男性よりも1.5倍~2倍多いです。


《症状》
主には膝の痛みと水がたまることです。

初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛み、休めば痛みがとれます。

中期になると、正座や階段の昇降が困難となります。

末期になると、安静時にも痛みがとれず、変形が目立ち、膝が真っ直ぐ伸ばす事が出来ず、手すりや杖なしでは歩行が難しくなります。


《原因》
加齢や肥満・遺伝子により起こるといわれており、加齢により関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、遣い過ぎにより関節にある軟骨がすり減って変形したり、骨と骨がこすれたりすることで、炎症や痛み、こわばりが生まれます。

治療として、痛み止めの内服薬や外用薬を使ったり、膝関節内にヒアルロン酸の注射、運動療法などがあります。

運動療法は、進行防止・症状改善の上で最も大事になってきますが、負担が大きかったり、持続しないと実感できる成果は出にくく、モチベーションを維持する事が難しいです。


しかし、当院に導入されているMCC(マルチカフケア)は、マルチカフで腕や脚の筋肉を広範囲に圧迫し低酸素状態にする事で、高齢者でも強い負荷をかけずに筋力を回復・維持する事ができます


このMCCには2つの機能があり、

・RIC
腕や脚の血流を一時的に止め、解放する局所的虚血操作機能。

血液には、人間の体に必要な酸素や栄養素が入っており、その血流を一時的に止める事で脳が緊急事態だと勘違いをし、末端まで血流を送ろうと血管を広げます。そこで止めていた血流を解放し末端までしっかりと血流が流れる事により

①骨折・捻挫・肉ばなれなど、怪我をした所の血流が良くなり、早く改善


②圧迫されている神経の血流が良くなり、神経痛・しびれが改善


③筋肉の血流が良くなり、肩こり・筋肉痛が改善


④関節軟骨の血流が良くなり、ひざ・肘などの関節痛が改善


⑤全身の血流が良くなり、冷え症が改善


⑥脳の血流が良くなり、歩行などが安定する

 


・MCトレーニング
MCトレーニングは腕や脚の筋肉を直接圧迫してトレーニングを行います。

筋肉を直接圧迫することにより筋肉内の血流が制限され、酸素の豊富な血液が筋肉内に入らなくなり、低酸素(無酸素)状態が維持されます。
すると、酸素を必要とする遅筋(スタミナの筋肉。小さな力を長時間発揮し続けることができる。持久力に優れた筋肉。)の活動が止まり、無酸素でも動ける速筋(パワーの筋肉。大きな力を瞬間的に発揮する。瞬発力に優れた筋肉。)が活動を始めます。

60歳以上の高齢者では、全般的に速筋の衰えが大きいため、速筋を鍛えることで、筋力が肥大して力がつきます。

また、通常のトレーニングより格段に短い時間・弱い圧迫力・少ない痛みで効率よく速筋を鍛えることができます

さらに、血流を制限するため筋肉内には乳酸など代謝産物が流れずに蓄積します。それを脳が感知し、成長ホルモン等の分泌が促進されます。

成長ホルモン分泌は加齢とともに減少しますが、一生分泌されます。
成長ホルモンが分泌されることで骨や筋肉の成長促進作用のほかに、代謝や脂肪分解を促進する作用があります。


当院では、
まずRIPを行い血流を良くしてから、MCトレーニングで数回のスクワットを行い、太ももの筋力をつけて膝への負担を減らします。

実際に2〜3回で膝の痛みが軽減したという症例や、「よいしょ」などの掛け声なしで、スッと立つ事が出来るようになったとのお声も頂いております。


膝の痛みでお困りの方、少しでも辛かったり、悩んだりされているのであれば、是非一度当院、接骨院スマイルまでご相談ください。

 

投稿者: R.smile株式会社 接骨院スマイル

2019.03.07更新

鍼灸治療とは

身体の特定の点を刺激するために専用の鍼や灸を用いた治療法のことをいいます。 国家資格を持つ「鍼灸師」が施術を行います。

世界保健機関(WHO)から、さまざまな症状に効果があると認められている、世界中で認められた治療手法です。

一般的によく治療に使われる鍼は髪の毛程度の細さなので、刺したときの痛みはほとんどありません(ただし皮膚には痛みを感じる点(痛点)があり、チクッとすることもあります)。

人間の身体は刺激を与えると、その部位を守ろうとしたり、逆に興奮状態にあるものを鎮静化したりする性質があります。
そうした身体の反応を利用し、鍼は身体の表面に機械的刺激を与え、灸は温熱的刺激を与え、病気の治療や予防を行います。

 

東洋医学では

病気を体全体のバランスが崩れていることから症状が生まれ、そのバランスを自然治癒力により戻すことができれば病気が治る、という考え方をしています。

基本的な考え方として「気・血・水」のバランスが保たれている状態が健康状態であるとします。

このバランス良いと健康

「気」
体内を流れるエネルギーのことで、元気や気力の『気』という意味をもちます。

「血」
血液のことで、血液が循環して全身に栄養を運び、潤いを与えます。

「水(津液)」
血液以外の体内にあるリンパ液やその他の水分のことで、消化や排泄に影響するほか、臓器をスムーズに働かせる潤滑油のような作用もあります。

このうち、「気・血」が体内を巡るための通り道のことを「経路」と呼び、「経穴(ツボ)」の集合体にあたります。経絡が滞らないように、また滞りを改善するために、経絡の各所にある「経穴(ツボ)」に鍼や灸を施すことで、「気・血」の流れをスムーズにすることが鍼灸治療なのです。

経絡と経穴(ツボ)

電車に例えると「経絡」→路線で「経穴(ツボ)」→駅で主要な駅もあればそうでない駅もあります。必要な駅を利用することで効果が出やすいです。

鍼灸治療は身体的にも精神的にも有効です。

当院では、その方に合った治療法を提供します。少しでも辛かったり、悩んだりされているのであれば、是非ご相談ください。

 

投稿者: R.smile株式会社 接骨院スマイル

2019.02.21更新

今回は前回に続き腰痛の治し方ということで腰椎すべり症、脊柱管狭窄症についての話です。


腰椎すべり

http://www.revo-smile.com/asset/99F4EE60-DA97-47A8-ADB0-7EA02204DC54.jpeg

腰椎は縦に積み上げられたような形に並んでいますが、その一部が前方に滑り出してしまったものを「腰椎すべり症」といいます。

腰椎すべり症は背骨や椎間板などの変性によって引き起こされる「変性すべり症」と腰椎分離症に続発する「分離すべり症」に分けられます。


変性すべり

加齢や長期間の負荷により椎間板、靭帯、関節など腰椎を構成する組織が変性を起こし腰椎の安定性が失われて腰椎にすべりが出現します。


腰椎分離すべり

背骨本体の「椎体」と後方で関節を構成する「椎弓」が分離してしまったものを腰椎分離症といいます。
この状態で放置されてしまうと分離した部分の腰椎の安定性が失われて上下の骨にズレが生じてしまいます。
腰椎分離症にともなうものを腰椎分離すべり症といいます。


腰椎分離引き起こしやすい年代原因

腰椎の分離症はスポーツをする学生に多い症状です。ジャンプや腰をひねる動作などの繰り返しの負荷により腰椎が疲労骨折を起こした状態なのです。

 

すべり症状

・腰痛
・坐骨神経痛
・下半身の痛み、しびれ
・しびらく歩くと臀部や下肢に痛みやしびれが出現し、かがんで休むと楽になり、歩くとまた痛み出す「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」

 

脊柱狭窄

http://www.revo-smile.com/asset/7FD9264E-6929-445B-B9D9-A5E2A6F5CF96.jpeg

背骨には、脳から続く神経である脊髄が通るトンネル、脊柱管があります。

脊柱管狭窄症とは、骨や靭帯の肥厚、椎間板の突出などで、脊柱管が狭くなり、脊髄が圧迫されることで様々な症を引き起こすものです。

 

原因

加齢による骨や靭帯などの変性により引き起こされます。他にもすべり症や椎間板ヘルニアに続いて発症することもあります。

 

症状

立っている時、歩いている時の臀部や下肢の痛み。すべり症の症状にもあった間欠性跛行が特徴的です。

排尿、排便障害を引き起こすこともあり、その場合は病院での手術をお勧めする場合もあります。

 

脊柱狭窄腰椎分離腰痛治し

脊柱管狭窄症の症状の下肢の痛み、しびれがあっても日常生活に支障がなければ、手術などの治療は必要ありません。

腰椎分離症も早期の段階では保存療法で良くなるものがほとんどです。

 

当院では

微弱電流治療機器による痛み、症状の改善。

http://www.somadyne.com/article/13368793.html

スマイル整体により身体の歪みを正し、筋肉の緊張を緩和し腰の負担を軽減させます。

MCC(マルチ・カフ・ケア)により筋力を高めて強い腰を作り上げていくこともできます。

http://www.powerfullife.jp/products/

○テーピングやコルセットなどにより日常生活の負担の軽減もしていきます。

症状によって必要なときは整形外科さんへの受診をお勧めさせていただきます。

 

傷めしまったら

とにかく安静が大切です。腰椎分離症のように悪化して、すべり症に発展してしまう場合もありますし、筋肉や靭帯、関節の損傷も再び負荷をうければ症状が悪化してしまうので安静にしてもらうのと、傷めてすぐは患部が炎症を起こしているので、保冷剤や氷嚢などで患部を冷やしてあげると痛みが早く治まります。

それらの処置をして早めに医療機関に受診して下さい!

 

腰を傷めてしまってお困りでしたら当院にご相談下さいね(^^)

 

投稿者: R.smile株式会社 接骨院スマイル

前へ

SEARCH

ご予約・ご相談はお気軽に

身体の不調でお悩みでしたら、西尾市にある接骨院スマイルまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_img01.png
  • 24時間受け付けております LINE予約はこちら