腰の痛み

2017年9月28日 木曜日

歩くと太ももからふくらはぎがジーンと痛い。

みなさんこんにちは!


松井です(^^)


先日、父から「右の太ももの裏側が痛くて歩けない」という内容の電話がかかってきました。


話を聞くと


歩くと脚がどんどん痛くなってきて、休憩すると落ち着くという症状がありました。


以前ブログで紹介させてもらった「脊柱管狭窄症」でよくあらわれる間欠性跛行という症状です。


なのですが、父の場合、以前に「閉塞性動脈硬化症」という太ももの血管がつまる病気になったことがありまして、これで事が少しややこしくなりました。


というのも


この閉塞性動脈硬化症も間欠性跛行の症状が出るのが特徴なのです。



・脊柱管狭窄症と閉塞性動脈硬化症の違い

1、前かがみになった時の痛み

脊柱管狭窄症は前かがみになると足の痛みが治まりやすいのに比べ、閉塞性動脈硬化症は前かがみになっても痛みは治まりません。


2、足の脈拍の有無

脊柱管狭窄症は足の脈拍は正常なのに対し閉塞性動脈硬化症は足の脈拍は感じられないか感じてもわずかなものです。


それぞれ特徴がありますが、正確に判断するには整形外科さんで検査をする必要があります。


・足関節上腕血圧比(ABI)
腕と足首の血圧の差を比べる検査

・血管造影検査

・MRI、CTなどの画像診断


このような検査をすれば今回の2つの症状は判別されます。


閉塞性動脈硬化症は状態が悪化してくると下肢が壊死することもあるため早めに診断し治療をする必要があります。


脊柱管狭窄症の方は、かばいの影響で背中、腰から下半身が硬くなり痛くなったり腰、骨盤が歪んだりという様々な影響が出ます。


当院の腰痛整体ではそれらの影響を取り除き腰が楽になるのでオススメです。


どんな病気やケガも早めの処置を心がけて下さいね!

投稿者 接骨院スマイル | 記事URL

2017年9月 7日 木曜日

高濃度酸素注入マシンが当院に導入されました!

こんばんは!


松井です(^^)


今回は当院に新しく導入された機械の紹介です。


その名も「プレミアムO2ジェットウェーブ」


中部地方初導入の最新機器です!


どんな機械かというと


高濃度の酸素原液をジェット噴射させて皮膚から体内に取り込むというものです。


なぜ酸素を取り込むと良いのか?


酸素は呼吸で肺から取り込んだものが血管を通して全身に巡ります。


【血管内の酸素が不足すると】

・痛みをもたらす発痛物質が産生される
・ケガの修復を遅らせる
・疲労物質の分解がされにくいなど


【なぜ酸素不足が発生するのか?】

一例をあげると、筋肉に筋硬結が発生するとその部分の血管が圧迫され血流が阻害されることで酸素不足になります。

酸素不足になると血液中の血漿からブラジキニンなどの発痛物質が生成されるため痛みを感じるのです。


痛みや疲労などにも酸素が関わってくるわけです。


プレミアムO2ジェットウェーブは


浸透力を上げるため高圧で酸素原液を噴射することで各組織に、より多くの酸素を届けることができます。


酸素を注入すると共に毛細血管が広がり血流やリンパの流れが良くなります。


色々話しましたが、つまりどんな効果があるかというと

・身体の代謝が良くなる
・筋肉が柔らかくなる
・痛みが和らぐ
・ケガの回復が早くなる
・疲労の回復が早くなる
・活性酸素の発生を抑えてくれる


導入して間もないですが、すでに

膝の痛み

腰の痛み

肩首の痛み

などの患者さまに効果を発揮してます!


全国にまだ4台しかない最新機器を体感してみませんか?


みなさまのお悩みに対応できるよう接骨院スマイルも日々進化していきますので、ご期待下さい(^^)


pic20170907230205_1.jpg

投稿者 接骨院スマイル | 記事URL

2017年8月30日 水曜日

慢性的な腰痛




こんにちは。水曜日担当の下宮です。


学生の皆さんは明日で
夏休みが終わりですね。


宿題は終わりましたか?


今日は『腰痛整体』について紹介します。



腰痛整体は慢性的に続いている腰痛がある方にオススメさせて頂いている整体です。



慢性的に腰痛が続いている方は、
腰や股関節周り、臀部の筋肉が硬くなって
いることがあります。


その硬くなった筋肉をほぐしていきながら
筋肉に柔軟性をつけたり、
動きを良くしていきます。


整体と聞くと痛そうなイメージがあるかと
思いますが、当院の整体はバキボキせず、
痛みもないので安心して受けて頂けるかと
思います。


また、ギックリ腰やヘルニアなどの腰の痛みにも対応したコースもあります。


腰痛でお悩みの方は是非一度当院まで
ご相談下さい。

投稿者 接骨院スマイル | 記事URL

2017年6月29日 木曜日

今話題のゲームを買ってみました(^^)

みなさんこんばんは!


ゲーマーの松井です(^^)


ゲーマーとは言ってみたかっただけですが(笑)


先日、10年ぶりくらいにゲームを買っただけで、最近は全くやってませんでした。


何を買ったかというと


今話題の


「任天堂スイッチ」です!


ヴェルサウォークで買い物をしていたら「たまたま今日入荷された所です」と店員さんが教えてくれて、なんと衝動買いをしてしまいました。


なかなか手に入らないということを聞いていたのと、最悪ちょっとやって売っても元の値段に近い額で買い取ってもらえると聞いていたので買っちゃいました。


先日、任天堂スイッチの累計販売台数が100万台を突破というニュースがやってましたが、すごい人気ですね。


100万台突破までの日数がゲーム機で最速らしく、人気のほどがうかがえますね。


ソフトは今、CMでよく見る「アームズ」を買ってみました。


腕がビヨ〜〜〜〜〜〜ンと伸びるキャラクターを操ってバトルする対戦ゲームです。


本当にこの文字のように


ビヨ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ン


と伸びるので、なんかそれだけでちょっと楽しいです。


コントローラーを握って実際パンチをするように腕を振ったりして操作するため面白いですが結構大変です。


必殺技の時なんてパンチの連打なので北斗百烈拳状態です。


本当に汗かきますよ(笑)


もちろんそういうのが苦手な方はボタンやスティックで操作するやり方も出来ます。


コントローラーの扱いが不慣れなせいか振って使うのが難しかったので自分は普通の操作のほうでやってます。(振るほうに慣れたほうが楽しそうですが)


それでも十分楽しめてます。


色んなテクニックを覚えてやりこんだらもっと面白くなりそうなゲームです。


たまにはゲームで気分転換も悪くないなぁなんて思いました。


ゲームもやり過ぎると目の疲れはもちろんですが、ほかにも肩が疲れてきたり腰が疲れてきたりということがあります。


背中が丸まったままやってたり、うつ伏せで腰をそった姿勢でやっていたりとゲーム中の姿勢も気をつけないと身体に余計な負担をかけてしまうので要注意です。


ゲームをする時は途中で肩回しするような体操やストレッチをしたりなど適度に休憩を挟みながらやることをオススメします。


最近は、学生さんも


肩が辛いとか


姿勢が気になるということで来院される方が増えてます。


勉強以外にもゲームなども同じ姿勢が続くため負担になってる場合もあると思います。


当院では


肩こり猫背整体やBMK美健整体など、姿勢を正しながら身体を楽にしていくコースも色々ありますので、このような身体の辛さを感じたら当院にご相談くださいね(^^)


投稿者 接骨院スマイル | 記事URL

2017年6月22日 木曜日

前かがみで痛む腰痛と後ろに反らすと痛む腰痛のお話し

みなさんこんばんは!


木曜日の松井です(^^)


今回は前回のブログで紹介した「腰痛」の話の続きです。


腰痛の種類で


前かがみで痛みが出るパターンと後ろに反らすと痛むパターンがあります。


それぞれ原因が違うので紹介します。


【まず前かがみで痛むパターン】


『筋・筋膜性の腰痛』

前かがみや中腰の姿勢をとる時は、身体が前に倒れないよう背面の背中や腰の筋肉が引っ張ってバランスを保つように働きます。

なので背面の筋肉が疲労していたり、傷んでいる場合は、この前かがみの姿勢で痛みが出ることがあります。


『椎間板の異常』

前かがみや中腰の姿勢は腰の筋肉のほかにも、腰骨や椎間板、靭帯など腰椎の組織全体に大きな負担がかかります。

椎間板は腰椎と腰椎の間にあるクッションのようなもので、強い負荷がかかり続けると椎間板が押し潰されて傷む

「椎間板症」

という症状を引き起こすことがあります。


ほかにも前屈した時に椎間板の前方に強い圧力がかかることで椎間板の中のゼリー状の物質(髄核)が背中側に飛び出して神経を圧迫する

「椎間板ヘルニア」

を発症することがあります。



【後ろに反ると痛むパターン】


『脊柱管狭窄症』

腰椎の内側には脊柱管という神経の通り道があります。
この脊柱管の周囲の組織が加齢などにより変形を起こし神経の通り道が狭くなることで腰の痛みや足のシビレを引き起こします。

変形した腰椎が周囲の組織を刺激して痛みを引き起こす

『変形性腰椎症』

というものもあります。


後ろに反ることで腰の組織と神経の距離が近づくため痛みが出やすく、前にかがむと腰の組織と神経の距離が離れるため痛みが和らぐ傾向があります。



『腰椎分離症、すべり症』

「分離症」はスポーツなどにより腰を反らしたり腰を回旋したりなどの動作を繰り返すような度重なる負荷により腰椎の後方部分が疲労骨折を起こした状態です。

後方部分の支持性がなくなり、腰椎の前方部分の椎体が前にすべり出したものを「すべり症」といいます。


これらの症状は腰を後ろに反らすことで腰椎に負担がかかり痛みが出ます。




大きく分けると前屈、後屈による腰痛はこのようなパターンがあります。

状態によっては腰椎分離症でも前かがみで痛むことがあったり、筋肉の症状もお腹側の筋肉が傷んでいて後ろに反らすと痛むパターンもあります。

結局様々なパターンがあるわけですが、今回紹介したものは代表的なものになるので覚えておいてくださいね!


今回は前屈、後屈での痛みを取り上げましたが、もちろん腰を回旋したり身体を横に倒したりして痛むパターンもあります。


一言で腰痛といっても色々なので、状態に合った対処が必要になります。


当院では、腰の状態をしっかり判断して、それに合った処置をしておりますので、腰痛でお困りの方はご相談下さい!

投稿者 接骨院スマイル | 記事URL