膝の痛み

2017年9月22日 金曜日

ドラゴンズの平田選手は膝の半月板損傷⁉︎

みなさんおはようございます!


最近はツクツクボウシやコオロギの鳴き声が聞こえて夏の終わりを感じますね。


涼しくもなり、秋を感じている松井です(^^)


プロ野球もパリーグはソフトバンク、セリーグは広島カープとリーグ優勝が決まりましたね。


ですが、まだシーズンは終わってないので残り試合我がドラゴンズに少しでも良いところを見せてもらいたいです。


先日、今年2回目の野球観戦に行ってきました。


スタメンのオーダーを見るとシーズン開始時と比べてだいぶ変わりましたね。


そう、今年はドラゴンズ選手にケガ人が続出したためです。


とくに主力の大島選手、平田選手、ビシエド選手の離脱はチームにとってめちゃくちゃ痛かったです。


大島選手は「足の腓骨骨折」

ビシエド選手は「腕の尺骨骨折」

平田選手は「膝の内側半月板損傷」


全治は

腓骨骨折が約1ヶ月

尺骨骨折が約2ヶ月

内側半月板損傷は手術をするか保存療法にするかで変わります。

手術した場合、軽作業をするくらいには約1ヶ月で戻れますが、スポーツの完全復帰まで考えると半年近くかかります。

保存療法の場合はケガの程度によりますが1ヶ月〜2ヶ月かかると言われています。


当院では「微弱電流治療器」で回復を早めたり

「プレミアムO2ジェットウェーブ」で血管、細胞に酸素を注入し痛みの緩和や筋肉を柔らかくしながら治りを早くしていきます。


どの症状も患部を固定、安静にする必要があるため筋肉が硬くなったり筋力低下、筋萎縮を起こします。

そんな時にはとくにプレミアムO2ジェットウェーブはオススメです!


後は患部のリハビリが大切で膝の内側半月板損傷の場合は大腿四頭筋(太もも前側の筋肉)の筋力トレーニングなども積極的に行なう必要があります。



ドラゴンズも来年は故障した主力選手たちが帰ってくるので優勝争いをしてほしいですね。


ちなみに今回観戦に行った日は9月18日(月)。


ルーキー京田選手が球団新人最多安打新記録の140本目、141本目のヒットを打ってくれて大盛り上がりでした。


セリーグ新人最多安打記録はレジェンド長嶋茂雄選手の153本です。


残りが11試合なので記録更新の可能性も結構高いですよね。


ゲレーロ選手もホームラン数トップの33本を打っているのでホームラン王をとってほしいですよね。


まだまだ今年も見どころがあるので、ドラゴンズファンの方は、みんなで応援しましょう(^^)

投稿者 接骨院スマイル | 記事URL

2017年9月 7日 木曜日

高濃度酸素注入マシンが当院に導入されました!

こんばんは!


松井です(^^)


今回は当院に新しく導入された機械の紹介です。


その名も「プレミアムO2ジェットウェーブ」


中部地方初導入の最新機器です!


どんな機械かというと


高濃度の酸素原液をジェット噴射させて皮膚から体内に取り込むというものです。


なぜ酸素を取り込むと良いのか?


酸素は呼吸で肺から取り込んだものが血管を通して全身に巡ります。


【血管内の酸素が不足すると】

・痛みをもたらす発痛物質が産生される
・ケガの修復を遅らせる
・疲労物質の分解がされにくいなど


【なぜ酸素不足が発生するのか?】

一例をあげると、筋肉に筋硬結が発生するとその部分の血管が圧迫され血流が阻害されることで酸素不足になります。

酸素不足になると血液中の血漿からブラジキニンなどの発痛物質が生成されるため痛みを感じるのです。


痛みや疲労などにも酸素が関わってくるわけです。


プレミアムO2ジェットウェーブは


浸透力を上げるため高圧で酸素原液を噴射することで各組織に、より多くの酸素を届けることができます。


酸素を注入すると共に毛細血管が広がり血流やリンパの流れが良くなります。


色々話しましたが、つまりどんな効果があるかというと

・身体の代謝が良くなる
・筋肉が柔らかくなる
・痛みが和らぐ
・ケガの回復が早くなる
・疲労の回復が早くなる
・活性酸素の発生を抑えてくれる


導入して間もないですが、すでに

膝の痛み

腰の痛み

肩首の痛み

などの患者さまに効果を発揮してます!


全国にまだ4台しかない最新機器を体感してみませんか?


みなさまのお悩みに対応できるよう接骨院スマイルも日々進化していきますので、ご期待下さい(^^)


pic20170907230205_1.jpg

投稿者 接骨院スマイル | 記事URL

2017年9月 6日 水曜日

膝の痛み『ランナー膝』について




こんにちは。水曜日担当の下宮です。


9月になり朝晩がだいぶ
涼しくなりましたね。


こういう時期は体を動かしたくなりますね。


今日はランナー膝について紹介します。



『ランナー膝』とは?


ランナー膝は別名「腸脛靭帯炎」
ともいわれ、その症状は膝の外側に痛みが
発生します。


1回の強い衝撃で起こる怪我ではなく、
繰り返しの強い負荷で起こる
スポーツ障害の一つです。


腸脛靭帯炎の初期症状はランニング中の
膝の外側の痛みや、ランニング後の
膝の外側の痛みです。

 
最初は痛みというよりも違和感に近いことが多いですが、徐々に痛みが増していきます。

 
ランニング中だけだった痛みが歩いていても出てきたり、違和感がはっきりとした痛みに変わります。
 

またランニング中に足の小指側に
体重がかかることによっても痛みが
生じます。


走っていて地面を蹴る瞬間に膝の外側に痛みが出る場合は、
腸脛靭帯炎の可能性があります。

 
腸脛靭帯炎の症状が重症化すると、
膝の曲げ伸ばしが痛みで出来なくなり、
膝を伸ばしたまま歩くようになって
しまします。


痛みが発生した場合はジョギングを
中止することが必要です。


また日頃からの大腿部のストレッチや、
ランニングフォームのチェック、
さらにシューズの中敷を利用して外側に体重がかからないようにすることなどが挙げられます。



当院では、微弱電流を使い、痛めた組織の
修復を促します。

また適切な運動量や時期についてもしっかりアドバイスさせて頂きます。


まずは何か違和感があれば重症化する前に
当院へお越し下さい。

投稿者 接骨院スマイル | 記事URL

2017年7月 5日 水曜日

膝の前十字靭帯損傷について




こんにちは。水曜日担当の下宮です。


昨日は台風の影響で夕方頃の雨が
すごかったですね。


僕が帰る頃は雨は止んでいたので濡れずに
済みました。


皆さんは大丈夫でしたか?


今日は『膝の前十字靭帯損傷』について
紹介します。


先日、サッカー元日本代表の宮市亮選手が
右膝前十字靭帯を損傷したというニュースをみました。


宮市選手は2015年には左膝前十字靭帯を損傷し、地道なリハビリをこなし再起したばかりでした。



また復活して日本代表として戦う姿も
みたいですね!



『膝前十字靭帯損傷の原因』

サッカーやラグビーなどの
コンタクトスポーツにおいて、
相手にタックルをされて膝をひねったり、
バレーボールのジャンプの着地や
バスケットボールでの急な方向転換などで
膝に過度の負担がかかった時に生じます。


スキーなどでも多く、受傷後痛みが生じ、
次第に膝が腫れてきます。


『症状』

膝には4本の靭帯があり、関節の動きを
コントロールしています。

それが耐えられる以上の力が加わると
靭帯が切れます。

前十字靭帯は関節の中にあるので、
切れるとそこからの出血が関節にたまるのが特徴です。



『治療とリハビリ』

損傷した靭帯はギブス固定などでは治りません。

損傷後1ヶ月ほどで痛みは取れ、日常生活には支障がなくなることがほとんどです。

スポーツを行わない人はそのままの状態でも支障がない場合もありますが、
スポーツの続行を希望する場合は、
手術を勧めます。

近くの腱を採取して靭帯を再建するのが
一般的です。


手術後は関節や筋肉の運動などの
術後療法が重要です。


スポーツ復帰には通常6ヶ月以上
かかります。



前十字靭帯損傷は予防が難しく、いきなり起きてしまいます。


もちろんならないことが1番ですが、もしなってしまったら焦らずにじっくりと治療に
専念して下さい。



pic20170705001256_1.jpg

pic20170705001256_2.jpg

投稿者 接骨院スマイル | 記事URL

2017年3月 1日 水曜日

グロインペイン症候群について



こんにちは。水曜日担当の下宮です。


つい最近年が明けたと思ったら
今日から3月ですね!

あっという間ですね。


今日は『鼠径部痛症候群』
(グロインペイン症候群)
について紹介します。




発症



他の競技に比べて、サッカー選手での発生が多くみられ、
いったんかかると治療には時間がかかることが多いです。

ランニングや起き上がり、
キック動作で鼠径部やその周辺の
いろいろな所に痛みが出現します。



病態


体幹から股関節周辺の拘縮や筋力低下や
不自然な使い方によって


可動性(筋や関節の柔軟性)

安定性(骨盤を支える筋力)

協調性(体幹と下肢の動きが効果的に連動すること)


の機能が低下し、痛みと機能障害の
悪循環が生じて症状が慢性化します。



発症の要因


足首の捻挫、下肢の打撲や肉離れ、
腰痛などの何らかの原因で可動性、
安定性、協調性に問題が生じたまま、
無理をしてプレーを続けると、
体幹から股関節周辺の機能障害が
生じやすくなります。

また、片足で立ってキックを多くする
サッカーの動作そのものが発症の
誘因になります。



予防


予防には以下の点が大切です。


1.足首の捻挫などのケガをしたら、
からだ全体のバランスが崩れるので、
そのままプレーを続けない


2.股関節周辺の拘縮や筋力低下が生じたら
早めに修正する。



3.運動前の準備運動に体幹から下肢を効果的に連動させる協調運動を取り入れて、
股関節だけの動作を避ける。



4.特にオフ明けに発症しやすいので、
オフ明けには協調運動を取り入れた
準備運動を入念に行う。


以上の点に注意して少しでも違和感を感じたら悪化してしまう前に一度
当院、西尾市 接骨院スマイルへお越しください。

投稿者 接骨院スマイル | 記事URL