肘の痛み

2017年9月 7日 木曜日

高濃度酸素注入マシンが当院に導入されました!

こんばんは!


松井です(^^)


今回は当院に新しく導入された機械の紹介です。


その名も「プレミアムO2ジェットウェーブ」


中部地方初導入の最新機器です!


どんな機械かというと


高濃度の酸素原液をジェット噴射させて皮膚から体内に取り込むというものです。


なぜ酸素を取り込むと良いのか?


酸素は呼吸で肺から取り込んだものが血管を通して全身に巡ります。


【血管内の酸素が不足すると】

・痛みをもたらす発痛物質が産生される
・ケガの修復を遅らせる
・疲労物質の分解がされにくいなど


【なぜ酸素不足が発生するのか?】

一例をあげると、筋肉に筋硬結が発生するとその部分の血管が圧迫され血流が阻害されることで酸素不足になります。

酸素不足になると血液中の血漿からブラジキニンなどの発痛物質が生成されるため痛みを感じるのです。


痛みや疲労などにも酸素が関わってくるわけです。


プレミアムO2ジェットウェーブは


浸透力を上げるため高圧で酸素原液を噴射することで各組織に、より多くの酸素を届けることができます。


酸素を注入すると共に毛細血管が広がり血流やリンパの流れが良くなります。


色々話しましたが、つまりどんな効果があるかというと

・身体の代謝が良くなる
・筋肉が柔らかくなる
・痛みが和らぐ
・ケガの回復が早くなる
・疲労の回復が早くなる
・活性酸素の発生を抑えてくれる


導入して間もないですが、すでに

膝の痛み

腰の痛み

肩首の痛み

などの患者さまに効果を発揮してます!


全国にまだ4台しかない最新機器を体感してみませんか?


みなさまのお悩みに対応できるよう接骨院スマイルも日々進化していきますので、ご期待下さい(^^)


pic20170907230205_1.jpg

投稿者 接骨院スマイル | 記事URL

2017年8月23日 水曜日

『トミー・ジョン手術』について




こんにちは。水曜日担当の下宮です。


ここ最近、スッキリしない天気が続きますね。


突然の雷雨にも気をつけたいですね!


今日は『トミー・ジョン手術』について
紹介します。


「トミー・ジョン手術」とは

肘の内側側副靭帯断裂の再建手術の
呼称です。

これは、文字通り断裂してしまった
肘の内側側副靭帯を再建する手術です。
 
手術の内容は、患者の逆側の手の腱
(長掌筋腱)や、下腿の腱・膝蓋腱などの
丈夫な腱を移植し、
内側側副靭帯の代わりとして
再建手術をします。
 
術後のリハビリ期間が長くかかりますが、
一般的には約2ヶ月かけて肘の可動域を回復し、その後はウェイトトレーニングなどもしていき、日常生活に支障が出ないレベルまで回復したところで、
ようやく投球動作の再開となります。

かなりリハビリ期間が長く、
実戦復帰まで1年から1年半かかると
言われています。
 
また、そのタイミングで復帰しても
怪我の前の状態には戻っておらず、
怪我の前のレベルまでの復帰となると、
復帰2年目くらいからと言われています。
 
つまり、トミー・ジョン手術からの
完全復帰までは約2シーズンはかかると
言われています。

その為、内側側副靭帯の断裂が分かり次第
即手術になるケースが多く、
最近の例であるダルビッシュ有投手も、
靱帯断裂が判明からすぐに手術を
受けていたと思います。


「トミー・ジョン手術」からの復帰の可能性


アメリカの調査によると、
トミー・ジョン手術後に復帰して
10試合以上に投げられた投手は67%というデータがあります。

かつては投手生命が終わり位の
怪我だったことを考えると、
成功確率はかなり高いと思います。
 
ただ、確実に復帰できる怪我と
呼ぶには確率は低いと思います。


今後も増えるであろう、
「トミー・ジョン手術」


減って欲しいですが、減らす取り組み・復帰の確率を上げる取り組みと、両方が必要だと思います。




pic20170823121803_1.jpg

pic20170823121803_2.jpg

投稿者 接骨院スマイル | 記事URL

2017年3月15日 水曜日

『突き指』について





こんにちは。水曜日担当の下宮です。


昨日はWBC、キューバ戦がありました。

8-5で見事に勝利しました。


この調子で今日のイスラエルにも勝利して
欲しいですね!



今日は『突き指』について紹介します。



原因と症状



突き指は、指先から根元まで縦に向かって
力が加わり起こる捻挫の一種です。


指は構造上、縦からかかる力に弱いため、
ちょっとした衝撃でも突き指が
起こってしまいます。


また、突き指が起こると、
指が手のひらに強く押し込まれることに
よって、指の骨全体がずれてしまいます。


そのため、処置を怠ると、指の機能が完全に回復しないことがあり、
注意が必要です。




治療


突き指をしたときは、引っ張ればよいと俗に言われていますが、
逆に骨の脱臼や、腱の炎症を引き起こすことになるため、
絶対に引っ張ってはいけません。

突き指を起こしたときは、「RICE」<安静(Rest)・冷却(Ice)・圧迫(Compression)・挙上(Elevation)>

に沿って、患部のアイシングと固定を
行います。


また、骨折や腱の断裂を伴う場合があるため、早急に病院での診療を受ける
必要があります。


突き指は発症しやすい障害であり、
ほぼ誰もが一度は受傷経験もあることから
比較的軽視されがちな疾患です。


しかし、骨折や腱の断裂などを合併しやすい傷害であることは忘れてはいけません。


突き指をしてしまった時の対処法、
応急処置などをしっかり把握しておく事が
大切です。



当院では微弱電流を使い傷めた組織の
修復を促し、手技による調整、
テーピングによる固定などをしていきます。


上記にも書きましたが突き指だからと甘く見ないでしっかり応急処置をして悪化しないようにしましょう。





投稿者 接骨院スマイル | 記事URL

2017年1月12日 木曜日

産後のママさんのお悩みにお答えします!

みなさんこんにちは!

最近、一段と冷えがキツくなってきましたね。

わたくし松井は桑葉の昆布茶でほっこり温まりながら寒さをしのいでおります。

この桑葉の昆布茶のことはスマイル通信来月号で詳しく紹介しますのでお楽しみに!(以前ブログで紹介もされています)


さて、年も明けて接骨院スマイルは通常診療が始まっております。

当院では「産後の骨盤矯正」や身体のバランスを整えるための「BMK美健整体」など産後のお母さま方の身体のケアもさせていただいております。

先日、そのような施術を受けに来ていただいた患者さまから質問をいただきました。

「うちの子を旦那が担いだ時に腕がポキっと鳴って痛がったのですが、大丈夫ですか?」

といった内容でした。

この時には、すでに痛がることもなく腕もちゃんと使えている状態で全く問題はなかったのですが、このような場合、考えられるのが「肘内障」です。

簡単に言うと肘が外れた状態ですが、大人と違い、外れやすいけどハマりやすいという特徴があります。

今回のケースでは、一度外れてしまい、再び元に戻ったという可能性があります。

ふとした動きで元に戻ることがあり、その後何事もなかったようにケロッとしてる、ということもあるのです。

もし、ずっと痛がったり、ずっと腕を動かさなかったりしたらすぐに当院に来院して下さい。

基本的にはちゃんとした整復が必要ですので、もしこのようなことがあればご相談下さい!


当院は産後のお母さま方のケアはもちろんのこと、今回のようなご相談も受け付けております。

赤ちゃんがゆっくり寝れるハイローチェアもあります。

少し大きくなったお子様も待合室でドラえもんや動物の絵本を読んで待ってもらったり、施術中のお母さまのそばでイスに座って待ってもらうことも可能ですので、お子様連れの患者さまも安心してご来院下さい。


今週末はさらに冷え込みもキツくなり雪の予報も出ているので、体調に気をつけて過ごして下さいね(^^)

投稿者 接骨院スマイル | 記事URL

2016年11月23日 水曜日

テニス肘について



こんにちは。水曜日担当の下宮です。

今日、明日と当院ではお休みを頂いています。

ご迷惑をおかけします。



久しぶりの連休ということですが
今のところ予定が全くありません笑


面白そうな映画があったら観に行こうかと考えています。



今日は『テニス肘』
について紹介したいと思います。


「症状」
ものをつかんで持ち上げる動作や
タオルをしぼる動作をすると、
肘の外側から前腕にかけて痛みが出現します。
多くの場合、安静時の痛みはありません。


「原因と病態」

中年以降のテニス愛好家に生じやすいのでテニス肘と呼ばれています。
一般的には、年齢とともに肘の腱がいたんで起こります。
病態や原因については十分にはわかっていませんが、
主に短橈側手根伸筋の起始部が肘外側で障害されて生じると考えられています。
この短橈側手根伸筋は手首(手関節)を伸ばす働きをしています。


その他にもパソコン作業も原因と言われています。



当院では、
まず微弱電流で痛めてしまった組織の回復を促し、
手技による調整をしていきます。


今日は祝日でお休みの方も多いと思います。
体調管理に気をつけて良いお休みを!



















投稿者 接骨院スマイル | 記事URL