足の痛み

2017年10月25日 水曜日

肉離れについて




こんにちは。水曜日担当の下宮です。


プロ野球も残すは日本シリーズのみと
なりました。

ソフトバンクとDeNA勝のはどちらか
楽しみです。



今日は『肉離れとその原因』について
紹介します。


肉離れとは?

肉離れは、急激に筋肉が引き伸ばされ、筋肉や筋膜の一部が損傷するケガのことです。

肉離れは、筋肉が引き伸ばされて起こりますが筋肉が完全に断裂してしまうものとは
違います。


また、スポーツ中に起こりやすいケガで、
走り出した瞬間やジャンプの着地、
ジャンプの瞬間、切り返し動作などで
起こりやすくなります。
 
その他身体を急激に捻るなどでも肉離れは起こります。
 
肉離れは身体の様々な筋肉で起こります。
 
特に多いのが、下半身の肉離れです。
 
代表的なものはハムストリングスや
ふくらはぎの肉離れです。


原因

肉離れは筋肉が急激な収縮を過度に行うことで起こります。
 
具体的な動作としては、ジャンプ・
ダッシュ・ストップ・スイングなどの動作
です。

このような動作をするだけでは肉離れは
起こりませんので、様々な条件が重なった
状態でこのような動作をすると肉離れの
危険性が増します。
 
具体的には、柔軟性不足と筋力不足です。
 
柔軟性が高ければ、大きく筋肉を引き伸ばしても問題はありません。
 
ただ柔軟性が低い場合は、「過度」になってしまう範囲が広いので肉離れのリスクは
高いと言えます。
 
また、筋力不足も同様で筋力が耐えられない程の強い力が加わると肉離れに至りますので、耐える筋力が強ければ強いほど肉離れは起きにくいと言えます。
 
このように、まず肉離れの原因として
筋力不足と柔軟性不足が挙げられます。
 
筋力不足や柔軟性不足の筋肉に、筋肉の疲労も重なった状態で先ほどのジャンプやダッシュなどの動作で負荷をかけ続けると
肉離れが起こります。
 
そして、肉離れは再発率の高い怪我です。「過去の肉離れ」も肉離れの原因と
なります。
 
完全に治してからがでないと再発のリスクは高まります。

当院では、ケガの回復をはやめてくれる
「微弱電流」を流して回復を促し、
場合によってはテーピングなどで固定や
サポートをします。

何か身体に痛みを感じたら迷わず当院に
ご相談下さい。

投稿者 接骨院スマイル | 記事URL

2017年10月12日 木曜日

内村航平選手の足首のケガの診断結果は?

みなさんこんばんは!


木曜日の松井です(^^)


先日、10月3日体操の世界選手権が開催されてましたが、みなさんご覧になられましたか?


体操界の日本のエース内村航平選手が個人総合7連覇をかけて出場しましたが、ショッキングな結果になってしまいましたね。


2種目目の跳馬の着地の際に左足首を故障してしまい途中棄権になってしまいました。


内村選手には東京オリンピックでの活躍を期待しているので大事に至らないように願っていたので診断結果が気になっていました。


結果は左足首の前距腓靭帯の不全断裂とのこと。


この症状は、足首を捻った時に一番なりやすい症状で


足首の外側の靭帯が部分的に断裂した状態です。


全治は2〜3週ほどなので、思っていたよりは軽い症状といってよいかと思います。


といっても痛いですし、処置をしっかりしないと


足首が不安定になったり

蹴り出す力が入りにくくなったりと


スポーツに支障をきたすこともあります。


内村選手は「自分は安静にしたり松葉杖を使ったりするより、歩いたり動いていたほうが早く治る気がする」とコメントされてるようですが、実際は完治するまで安静にしたほうが良いですからね。


スポーツにケガは付き物なので、問題はその後の処置になります。


みなさまもケガをした時は早めの処置、的確な処置を心掛けて下さい!


当院では的確な処置はもちろんのこと、日常で必要な処置についてもアドバイスさせてもらっておりますので、ご相談くださいね!


当院の「微弱電流治療器」は急性期のケガに最適で回復を早くしてくれるので、困った時は早めに受けに来て下さいね!


内村航平選手は以前、鉄棒の競技中にギックリ腰をしてしまったように、他にも色々なケガをされてます。


満身創痍のなかで戦っている姿はカッコよくも見えますが可哀想にも見えてしまいます。


今後はケガなくベストなコンディションで戦ってほしいです。


そして東京オリンピックの表彰台の一番上であの爽やかな笑顔が見れるように応援してます(^^)

投稿者 接骨院スマイル | 記事URL

2017年9月 7日 木曜日

高濃度酸素注入マシンが当院に導入されました!

こんばんは!


松井です(^^)


今回は当院に新しく導入された機械の紹介です。


その名も「プレミアムO2ジェットウェーブ」


中部地方初導入の最新機器です!


どんな機械かというと


高濃度の酸素原液をジェット噴射させて皮膚から体内に取り込むというものです。


なぜ酸素を取り込むと良いのか?


酸素は呼吸で肺から取り込んだものが血管を通して全身に巡ります。


【血管内の酸素が不足すると】

・痛みをもたらす発痛物質が産生される
・ケガの修復を遅らせる
・疲労物質の分解がされにくいなど


【なぜ酸素不足が発生するのか?】

一例をあげると、筋肉に筋硬結が発生するとその部分の血管が圧迫され血流が阻害されることで酸素不足になります。

酸素不足になると血液中の血漿からブラジキニンなどの発痛物質が生成されるため痛みを感じるのです。


痛みや疲労などにも酸素が関わってくるわけです。


プレミアムO2ジェットウェーブは


浸透力を上げるため高圧で酸素原液を噴射することで各組織に、より多くの酸素を届けることができます。


酸素を注入すると共に毛細血管が広がり血流やリンパの流れが良くなります。


色々話しましたが、つまりどんな効果があるかというと

・身体の代謝が良くなる
・筋肉が柔らかくなる
・痛みが和らぐ
・ケガの回復が早くなる
・疲労の回復が早くなる
・活性酸素の発生を抑えてくれる


導入して間もないですが、すでに

膝の痛み

腰の痛み

肩首の痛み

などの患者さまに効果を発揮してます!


全国にまだ4台しかない最新機器を体感してみませんか?


みなさまのお悩みに対応できるよう接骨院スマイルも日々進化していきますので、ご期待下さい(^^)


pic20170907230205_1.jpg

投稿者 接骨院スマイル | 記事URL

2017年8月31日 木曜日

足裏の外側の痛みについて(足底筋膜炎、腓骨筋腱炎)

みなさんこんばんは!


松井です(^^)


先日、服のポケットにメモ帳を入れたまま洗ってしまい洗濯物が粉々の紙まみれになってしまって大変な目にあいました(>_<)


ちょっとした確認を怠ったがために、ということって色々ありますよね。


油断大敵ですね。


話は変わりますが


先日、実家に帰った時のこと。


父親が「最近、足の裏が痛い」ということでみてみたら


足の裏の外側に圧痛があり、痛みで走れないとのことでした。


足裏の痛みも色々ありますが今回は外側の痛みについて紹介します。


まず原因といて多いのは


外側足底筋膜炎や腓骨筋腱炎などの筋膜や腱の炎症による痛みです。


足底筋膜は足裏に広がっていて踵の骨から足の指先まで繋がる膜状の腱です。


腓骨筋は長腓骨筋と短腓骨筋がありどちらもスネの外側を通り長腓骨筋は親指の付け根辺り、短腓骨筋は小指の付け根辺りに付着します。


それらの筋膜や腱が炎症したものがこれらの症状になります。


どちらも

・過度な運動の繰り返し
・足に合わない靴での長時間の歩行

このような影響により引き起こされます。


短腓骨筋腱炎の場合、足裏の外側以外にも外くるぶしの下辺りに痛みが出ることもあります。


他にも


「坐骨神経の圧迫や下肢の血流障害」などの影響により、知覚を司る脛骨神経から分岐した外側足底神経の麻痺や、過敏性が元で痛みや痺れが伴うことがあります。


僕の父親の場合、短腓骨筋腱炎の症状で、ランニングの負担によるものでしたが、とにかく筋肉自体がカチカチに硬くなっていました。


痛みのある部分以外の硬くなった筋肉をほぐして、足裏のアーチの調整をしましたが、毎日処置しに行けないので、ソッキングをあげました。


ソッキングは履くだけで足の負担が減る靴下なので、足の痛みにお悩みの方は是非使ってみて下さい。


僕も普段から履いていて足が疲れにくくなるのでお気に入りです(^^)


当院では


損傷した組織の修復を促す「微弱電流治療器」や

足のアーチを作り上げてくれる機械「ソラーチ」

などもあるので足のケアはお任せ下さい。


ソッキングも当院で取り扱ってますからね!


今回のような足の痛みは、しつこい痛みになることが多いので痛くなったら運動を中止して治療に専念することをお勧めします。


ちゃんと良くなるものなので、長引かせないようにしっかり処置をしていきましょう。

西尾市接骨院スマイル
0563-56-5656


pic20170831225550_1.jpg

pic20170831225550_2.jpg

投稿者 接骨院スマイル | 記事URL

2017年7月27日 木曜日

大会を控えた学生さんへ!

こんばんは!


木曜日の松井です(^^)


7月も残りあとわずかですね。


学生さん達は夏休み真っ只中で部活動や宿題が忙しい時期ですね。


最近、当院に来院される学生さんは、身体を傷めてしまったけど大会を控えていて休みたくないという子が多いです。


例えば今来院されている学生でいうと「足底筋膜炎」という足の裏の痛みの症状。


走ったりジャンプしたりを繰り返す競技などで起こりやすく、運動時はとくに痛みを発しやすいです。


もちろん運動を中止して治療に専念することが一番です。


大会などを控えていて、どうしても運動は止められないという場合、状態にもよりますが運動をしながらでも回復させていくこともできます。


一昨日、松橋先生がブログで紹介してくれた


「微弱電流治療器」


で傷んだ組織を回復させ


筋肉の緊張をやわらげる施術をすることで足の負担を取り除きます。


他にも


7/6のブログで紹介した足の横アーチを作りあげて負担の少ない足にしてくれる「ソラーチ」や


履くだけで負担の少ない足にしてくれる「ソッキング」というハイテク靴下もオススメです!


今、通ってくれている学生さんもこれを気に入ってくれて負担を減らしながら運動をすることが出来ています。


他にも


野球肩やハムストリングス(太ももの裏の筋肉)の損傷など部活動で傷めて来院されている患者さんもしっかり回復し大事な大会に備えて練習中です。


スポーツにケガはつきものですが、しっかりした処置をすれば、また健やかにスポーツを再開出来ます。


ケガを回復させるのは、もちろん大切ですが、再発を防ぐことも大切です。


先ほど紹介したソラーチやソッキングなどもそうですしテーピングなどで負担を軽減することも出来ます。


状況に合わせて色々な角度からみなさまをサポートしていけるように備えてますので、困った時はご相談くださいね(^^)

投稿者 接骨院スマイル | 記事URL