スタッフブログ

2019.04.01更新

立ち上がる時に膝が痛い!という症状の原因も色々ありますが、その中でも多くみられるのが変形性膝関節症です。

 

変形性膝関節症は


発病率は高齢になるほど上がり、
女性のほうが男性よりも1.5倍~2倍多いです。


《症状》
主には膝の痛みと水がたまることです。

初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛み、休めば痛みがとれます。

中期になると、正座や階段の昇降が困難となります。

末期になると、安静時にも痛みがとれず、変形が目立ち、膝が真っ直ぐ伸ばす事が出来ず、手すりや杖なしでは歩行が難しくなります。


《原因》
加齢や肥満・遺伝子により起こるといわれており、加齢により関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、遣い過ぎにより関節にある軟骨がすり減って変形したり、骨と骨がこすれたりすることで、炎症や痛み、こわばりが生まれます。

治療として、痛み止めの内服薬や外用薬を使ったり、膝関節内にヒアルロン酸の注射、運動療法などがあります。

運動療法は、進行防止・症状改善の上で最も大事になってきますが、負担が大きかったり、持続しないと実感できる成果は出にくく、モチベーションを維持する事が難しいです。


しかし、当院に導入されているMCC(マルチカフケア)は、マルチカフで腕や脚の筋肉を広範囲に圧迫し低酸素状態にする事で、高齢者でも強い負荷をかけずに筋力を回復・維持する事ができます


このMCCには2つの機能があり、

・RIC
腕や脚の血流を一時的に止め、解放する局所的虚血操作機能。

血液には、人間の体に必要な酸素や栄養素が入っており、その血流を一時的に止める事で脳が緊急事態だと勘違いをし、末端まで血流を送ろうと血管を広げます。そこで止めていた血流を解放し末端までしっかりと血流が流れる事により

①骨折・捻挫・肉ばなれなど、怪我をした所の血流が良くなり、早く改善


②圧迫されている神経の血流が良くなり、神経痛・しびれが改善


③筋肉の血流が良くなり、肩こり・筋肉痛が改善


④関節軟骨の血流が良くなり、ひざ・肘などの関節痛が改善


⑤全身の血流が良くなり、冷え症が改善


⑥脳の血流が良くなり、歩行などが安定する

 


・MCトレーニング
MCトレーニングは腕や脚の筋肉を直接圧迫してトレーニングを行います。

筋肉を直接圧迫することにより筋肉内の血流が制限され、酸素の豊富な血液が筋肉内に入らなくなり、低酸素(無酸素)状態が維持されます。
すると、酸素を必要とする遅筋(スタミナの筋肉。小さな力を長時間発揮し続けることができる。持久力に優れた筋肉。)の活動が止まり、無酸素でも動ける速筋(パワーの筋肉。大きな力を瞬間的に発揮する。瞬発力に優れた筋肉。)が活動を始めます。

60歳以上の高齢者では、全般的に速筋の衰えが大きいため、速筋を鍛えることで、筋力が肥大して力がつきます。

また、通常のトレーニングより格段に短い時間・弱い圧迫力・少ない痛みで効率よく速筋を鍛えることができます

さらに、血流を制限するため筋肉内には乳酸など代謝産物が流れずに蓄積します。それを脳が感知し、成長ホルモン等の分泌が促進されます。

成長ホルモン分泌は加齢とともに減少しますが、一生分泌されます。
成長ホルモンが分泌されることで骨や筋肉の成長促進作用のほかに、代謝や脂肪分解を促進する作用があります。


当院では、
まずRIPを行い血流を良くしてから、MCトレーニングで数回のスクワットを行い、太ももの筋力をつけて膝への負担を減らします。

実際に2〜3回で膝の痛みが軽減したという症例や、「よいしょ」などの掛け声なしで、スッと立つ事が出来るようになったとのお声も頂いております。


膝の痛みでお困りの方、少しでも辛かったり、悩んだりされているのであれば、是非一度当院、接骨院スマイルまでご相談ください。

 

投稿者: R.smile株式会社 接骨院スマイル

SEARCH

ご予約・ご相談はお気軽に

身体の不調でお悩みでしたら、西尾市にある接骨院スマイルまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_img01.png
  • 24時間受け付けております LINE予約はこちら