スタッフブログ

2019.02.21更新

今回は前回に続き腰痛の治し方ということで腰椎すべり症、脊柱管狭窄症についての話です。


腰椎すべり

http://www.revo-smile.com/asset/99F4EE60-DA97-47A8-ADB0-7EA02204DC54.jpeg

腰椎は縦に積み上げられたような形に並んでいますが、その一部が前方に滑り出してしまったものを「腰椎すべり症」といいます。

腰椎すべり症は背骨や椎間板などの変性によって引き起こされる「変性すべり症」と腰椎分離症に続発する「分離すべり症」に分けられます。


変性すべり

加齢や長期間の負荷により椎間板、靭帯、関節など腰椎を構成する組織が変性を起こし腰椎の安定性が失われて腰椎にすべりが出現します。


腰椎分離すべり

背骨本体の「椎体」と後方で関節を構成する「椎弓」が分離してしまったものを腰椎分離症といいます。
この状態で放置されてしまうと分離した部分の腰椎の安定性が失われて上下の骨にズレが生じてしまいます。
腰椎分離症にともなうものを腰椎分離すべり症といいます。


腰椎分離引き起こしやすい年代原因

腰椎の分離症はスポーツをする学生に多い症状です。ジャンプや腰をひねる動作などの繰り返しの負荷により腰椎が疲労骨折を起こした状態なのです。

 

すべり症状

・腰痛
・坐骨神経痛
・下半身の痛み、しびれ
・しびらく歩くと臀部や下肢に痛みやしびれが出現し、かがんで休むと楽になり、歩くとまた痛み出す「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」

 

脊柱狭窄

http://www.revo-smile.com/asset/7FD9264E-6929-445B-B9D9-A5E2A6F5CF96.jpeg

背骨には、脳から続く神経である脊髄が通るトンネル、脊柱管があります。

脊柱管狭窄症とは、骨や靭帯の肥厚、椎間板の突出などで、脊柱管が狭くなり、脊髄が圧迫されることで様々な症を引き起こすものです。

 

原因

加齢による骨や靭帯などの変性により引き起こされます。他にもすべり症や椎間板ヘルニアに続いて発症することもあります。

 

症状

立っている時、歩いている時の臀部や下肢の痛み。すべり症の症状にもあった間欠性跛行が特徴的です。

排尿、排便障害を引き起こすこともあり、その場合は病院での手術をお勧めする場合もあります。

 

脊柱狭窄腰椎分離腰痛治し

脊柱管狭窄症の症状の下肢の痛み、しびれがあっても日常生活に支障がなければ、手術などの治療は必要ありません。

腰椎分離症も早期の段階では保存療法で良くなるものがほとんどです。

 

当院では

微弱電流治療機器による痛み、症状の改善。

http://www.somadyne.com/article/13368793.html

スマイル整体により身体の歪みを正し、筋肉の緊張を緩和し腰の負担を軽減させます。

MCC(マルチ・カフ・ケア)により筋力を高めて強い腰を作り上げていくこともできます。

http://www.powerfullife.jp/products/

○テーピングやコルセットなどにより日常生活の負担の軽減もしていきます。

症状によって必要なときは整形外科さんへの受診をお勧めさせていただきます。

 

傷めしまったら

とにかく安静が大切です。腰椎分離症のように悪化して、すべり症に発展してしまう場合もありますし、筋肉や靭帯、関節の損傷も再び負荷をうければ症状が悪化してしまうので安静にしてもらうのと、傷めてすぐは患部が炎症を起こしているので、保冷剤や氷嚢などで患部を冷やしてあげると痛みが早く治まります。

それらの処置をして早めに医療機関に受診して下さい!

 

腰を傷めてしまってお困りでしたら当院にご相談下さいね(^^)

 

投稿者: R.smile株式会社 接骨院スマイル

SEARCH

ご予約・ご相談はお気軽に

身体の不調でお悩みでしたら、西尾市にある接骨院スマイルまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_img01.png
  • 24時間受け付けております LINE予約はこちら