スタッフブログ

2018.08.02更新

みなさんこんばんは!

松井です(^_^)

夏休み真っ只中で部活動が盛んな時期でもありますね。

大会を控えている学生さんも多い時期ですね。

よくブログで紹介させてもらってますが足首の捻挫は部活動時の外傷でも多い症状です。

足首の捻挫といっても色んなパターンがあり、多いのは足首を内側に捻る「内反捻挫」ですが、最近みえた患者さんで外側に捻る「外反捻挫」で受診された患者さんがいました。

外反捻挫をすると足首の内側の三角靭帯を損傷したり靭帯の付着部の内くるぶしの剥離骨折を起こすこともあり、重症例になることも多いです。

今回は少し特殊で外反捻挫だけど足首の外側が痛いということでした。

体操部の学生で踏み込み時に足を床に強くついたときに発症したもので、骨と骨が衝突して引き起こされたものと考えられます。

足首の関節に「距腿関節」という部分があり、脛骨、腓骨、距骨で構成され、その部位で衝突が起きたようです。

足首の捻挫

といっても多くのパターンがあり、症状に合わせた処置が必要になります。

しっかり処置しないと、その後の部活動にも支障が出ることもあるのでケガをしたら早めにご相談下さい。


大会が迫っている学生さん達が全力を出し切れるように当院ではしっかりサポートさせていただきますので

ケガをした時

身体の歪みが気になる時

疲れが溜まりすぎて辛い時など

身体の悩みがあれば、いつでもご相談下さいね!

学生さん達が大会で良い結果が出ると僕も嬉しいので、お力になれるように頑張ります(^^)

 

投稿者: R.smile株式会社 接骨院スマイル

SEARCH

ご予約・ご相談はお気軽に

身体の不調でお悩みでしたら、西尾市にある接骨院スマイルまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • bottom_img01.png
  • 24時間受け付けております LINE予約はこちら