捻挫

2017年3月23日 木曜日

骨挫傷とは?

みなさんこんにちは(^^)


最近、学生の患者さんで整形外科で「骨挫傷」と診断された、という方がみえました。


足首を捻って痛みがなかなか引かないということで検査してもらったようです。


みなさん骨挫傷ってどんな状態かご存知ですか?


よくヒビが入った状態と混同されやすいですが、それとは違います。


骨の損傷は


完全に折れてしまったものを「完全骨折」


ヒビ、亀裂が入ったものを「不全骨折」


微小な損傷で炎症を起こしたものを「骨挫傷」といいます。
骨髄内で浮腫や出血を起こしている(骨の内側の症状)なので、レントゲンやCTでは写し出されないものです。


MRIにより診断出来るのが特徴です。



膝関節や足関節に多くみられ


足首を捻ってしばらくしても痛みが引かないという時は骨挫傷を疑う必要があります。


骨挫傷を起こしたらどうしたら良いか?


基本的には自然治癒により治る症状ですが、ただ我慢していても時間がかかります。


数ヶ月痛みが続くこともあるので、炎症を抑えて回復を促す必要があります。



・まず、運動は必ず中止して下さい。

・患部は保冷剤や氷嚢で冷やして下さい。



そして


回復を促すといえば当院の「微弱電流治療器」がオススメです。


レスリングの吉田沙保里さんも愛用している治療器で、骨挫傷にも効果的です!


その他にも当院では、かばいから身体のバランスが崩れた状態などもケアしていきます。


運動再開のタイミングなども状態に合わせてお伝えしていきますので、このような症状の場合、一度ご相談ください!



投稿者 接骨院スマイル