スタッフブログ

2017年2月 1日 水曜日

『筋肉痛』について


こんにちは。水曜日担当の下宮です。


今日から2月です。

1か月経つのは早いですね!

この分だと1年もあっという間に過ぎてしまいそうです。



今日は
『筋肉痛』の原因と予防法について
紹介します。



『筋肉痛』の原因

筋肉痛はどうして起きるのか?

実のところはっきりと
医学的に解明されてはいません。

諸説ありますが、筋肉は運動をすることで筋肉に小さな断裂が入って、
その筋繊維の損傷を修復しようとする
過程で筋肉に痛みが走るという説がもっとも有力です。


筋肉が炎症することで、
筋肉痛が起こるのと言われています。


『筋肉痛』のメカニズム

1. 普段使わないほどの筋肉運動をすることで、筋繊維が損傷します。

2. その筋繊維の損傷を治すために白血球
(炎症の原因)が集まってきます。

3. そこに刺激物質(ブラジキニン、ヒスタミン、セロトニン、プロスタグランジンなど)が発生し、それが筋膜に達することで痛みを感じます。


『筋肉痛』の起こりやすい運動


普段使わない筋肉を酷使することで筋肉痛は起きますが、
筋肉痛になりやすい筋肉運動、
なりにくい筋肉運動があります。


筋肉の運動は
大きく3つに分けることができます。



* 筋肉を伸ばすエキセントリック(伸張性)運動:重い荷物を下ろす、階段を下りるなど

* 筋肉を縮ませるコンセントリック(短縮性)運動:重い荷物を持ち上げる、階段を上るなど

* 筋肉の伸縮をしないアイソメトリック(等尺性)運動:腕相撲など



この3つの中で、
もっとも筋肉痛になりやすいのが
筋肉の伸張性運動である
エキセントリックです。

筋肉を伸ばすときのほうが筋線維への負荷が大きくなるため、
損傷が起こりやすくなるのです。


超回復を起こしやすいのは
筋肉痛になりやすい
エキセントリック運動
ということになります。


『筋肉痛』の予防法

1. 筋肉を慣らす事前の準備を!

2. 運動前にストレッチをする

3. 運動中の水分補給を充分に

4. 運動後にストレッチをする

5. お風呂でマッサージをする

6. 食事で筋肉を作る栄養補給

7. 良質な睡眠で成長ホルモン


になります。

以上を踏まえて
筋肉痛を予防して痛みなく楽しく
運動しましょう!



インフルエンザなどが流行っています。

手洗い、うがいをしっかりして
体調管理に気をつけていきましょう!












pic20170201001753_1.jpg

投稿者 接骨院スマイル

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30