肩の痛み

2016年4月 7日 木曜日

肩の痛み「上腕二頭筋長頭腱炎」について

今回は肩の痛み「上腕二頭筋長頭腱炎」について紹介します。

<上腕二頭筋長頭腱とは?>

簡単にいうと二の腕の筋肉で力こぶを作る筋肉を上腕二頭筋といいます。

上腕二頭筋は長頭と短頭に分かれています。

それぞれ肩甲骨の関節上結節、烏口突起から始まり肘から下の骨の橈骨粗面、前腕筋膜に付着します。

上腕二頭筋の長頭は肩の前側辺りの上腕骨の結節間溝という骨の出っ張りと出っ張りの間の溝を通るため、二頭筋長頭腱がその溝で摩擦され炎症を起こすことがあります。

それを上腕二頭筋長頭腱炎といいます。


<こんな方に起きやすい>

・重い物を持ったり力仕事が多い方

・スポーツでは野球やバレーボール、水泳、テニスなどオーバーアーム動作を繰り返し行うスポーツで発生することが多いです。

加齢による筋力の低下、スポーツ前のストレッチ不足、筋肉の酷使が原因なので、当てはまる方は気をつけて下さい。

<症状>

・重い物を持つなど腕を使う時、運動時、肘を曲げたり腕を高く上げた時の肩前方の痛み。

・肩前方を押さえると痛む。

・夜中に疼くように痛むなどです。


【痛みが出たらまず安静にして冷却して下さい!】

当院では「微弱電流治療器」により治癒を早めることが出来るので早めに来院して下さいね!

痛みがある状態で無理に使い続けると「断裂」する恐れがあるため要注意です。

回復後は再発予防のためストレッチや筋力トレーニングが必要です。

それらも当院にて色々アドバイスさせていただいておりますので、肩の痛みにお悩みの方は一度ご相談ください(^^)







pic20160407224524_1.jpg

投稿者 接骨院スマイル