腰の痛み

2016年2月18日 木曜日

腰痛その① 腰椎椎間板ヘルニア

『腰椎椎間板ヘルニアについて』

まず椎間板をご存知ですか?

椎間板とは椎骨(背骨)と椎骨の間にあってクッションの働きとしなやかな脊椎の運動を司っています。

椎間板ヘルニアとは椎間板の中身の髄核が飛び出して神経を圧迫し腰・下肢痛を引き起こす病態です。


【なぜ起こるのか?】
加齢により椎間板のクッション性が減少し椎間板の周囲の繊維輪に亀裂が入ります。
このような加齢による椎間板の変性により引き起こされるのですが、労働やスポーツに伴う急激な椎間板内圧の上昇がきっかけで発症することも多いです。

【好発年齢と好発高位】
20歳台、30〜40歳台、次いで10歳台、50〜60歳台の活動性の高い男性に多くみられます。
好発高位は、L4-5椎間板(上から4番目の腰椎と5番目の腰椎の間の椎間板)次いでL5-S椎間板(上記の椎間板の1つ下)で起きやすいです。

発生した高さによって圧迫される神経が違うためシビレや筋力が低下する部位も違ってきます。(写真1、2)

【自覚症状】
腰痛と片側の下肢痛が主訴であり、運動や労働によって増悪し、安静で軽快する傾向があります。
急性発症の多くは、重量物挙上などが誘因となる。全く動けないほどの激しい痛みが伴うこともあります。
その場合も1〜2日経過すると腰痛が軽快し、それに代わって圧迫された神経根の支配領域に放散する下肢痛とシビレが症状の主体となります。

大きなヘルニアが真後ろに飛び出した場合は両下肢の高度な感覚・運動障害、そして排尿障害(尿閉、残尿、力みによる尿漏れ)が急激に生じることがあります。
これらの障害は、ほかっておくと不可逆性(元に戻らない状態)になってしまうこともあるため状態によっては手術的治療が必要になります。


手術的治療と言いましたが、大半は保存療法(手術をしない治療)で改善していきます。
3〜6ヶ月でヘルニアが縮小、消失していくのです。


とにかく痛みを早く鎮めたい!
早く職場復帰したい!

という方が多いため当院では、『微弱電流治療器』により損傷部の早期回復を促したり、コルセットにより患部の負担を減らしたりというサポートをさせていただいております。

状態によっては、電気療法や手技による治療をしながら症状を出来る限り早く回復させられるよう取り組んでおります。

正しい処置をして1日でも早く健やかな身体を取り戻しましょう!

pic20160218195651_1.jpg

pic20160218195651_2.jpg

投稿者 接骨院スマイル